FC2ブログ

Home > 2013年10月

2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

学園祭にゴムマット!

大学や高校の学園祭でゴムマットが使われることが多いです。
グラウンドにテントやテーブルその他什器を設置することで、
グラウンドを痛めてしまう恐れがあるからです。

そんな心配もゴムマットをグラウンドに敷くことで、
解決します。


また、ゴムマットを敷くことでケガ防止になったり、
日光の照り返しなども抑止できるかもしれません(これは実証できていません)。

設置も敷くだけでカンタンなので、ぜひお試しください!
スポンサーサイト

ゴムシート(ゴムマット)出荷時の梱包

毎日、ゴムシート(ゴムマット)をカットして出荷しております。
ご注文をいただくお客様に大感謝です。

ゴムシートというものは10M原反では専用の袋に入れておりますが、
カット後はもちろんサイズが合わなくなりますので、
梱包をし直す必要があります。

じゃ、どんな梱包状態でゴムシートがお手元に届くのか。
はい、下記の写真の通りです。

P1120005.jpg

本数や重量に応じて異なりますが、
ほぼこのような状態(プチプチ巻)でお届けしております。

極薄ゴムシートの使い方

極薄ゴムシートは土木・建築現場などで使われることは、ほとんどありません。
と、いいますか使われません。

では、世の中に存在する理由はなにか?
業務用では機器の内部保護などに使われていますが、
一般用途でもニーズが高いのです。

その前に極薄ゴムシートって何ミリくらいでしょうか?
弊社の取り扱いでは0.2ミリと0.3ミリが極薄の部類ですね。
次に0.5ミリです。
種類はクロロプレンゴム(CRゴム)でして、天然ゴムはありません。


では、その一般用途でどのような活用事例があるのか?


例えば、陳列棚の滑り止め。
アクセサリーなどをお店のように並べる時に、
極薄のゴムシートを棚板に貼り付けることで、
滑り止めとキズ防止になりますし、
ゴムは黒色ですから高級感も演出されるのです。

この使い方は店舗でも実際に活用していただいておりまして、
お客様がアクセサリーを手に取る棚板に貼り付けていただきました。

クロロプレンゴムですから臭いもほとんどありません。
写真がなくてスミマセン。

ゴムマットの巻グセ解消

ゴムマットの一般的な厚さ1~10mm厚は10M~20M巻です。
スペースの都合で伸ばして保管できないですし、
面積が広いので折りたたむことも出来ません。
やっぱりロール状にして保管するしかないのです。

そうしますと、どうしても巻グセがついてしまいます。
ですので、弊社では出荷時に逆に巻きなおして梱包する場合があります。
そのひと手間だけでかなりクセが直ります。

ただ、10mmくらい厚くなりますと、逆に巻けないのです。
なぜか。
それは重量がありすぎて、逆に巻く際の反発力が強すぎるからです。
ですので、10mmはご容赦ください。

特に芯に近くなればなるほど、クセは強いです。
こういう事情ですので、許してください。

ゴムマットの御見積依頼について

ゴムマットの基本サイズは幅1M×長さ10Mです。
このサイズが最も割安なのですが、
もちろん違うサイズで納品させていただくことも多いです。


例えば、厚さmm×100mm×10M 1本など。


実はこういうサイズは割高なのです。
残材が多く残ってしまうからです。

上の御見積サイズを以下のように変更していただくと、
かなり割安で御見積できます。


厚さ1mm×100mm×1000mm 10本


原反サイズが厚さ1mm×1000mm×10Mですので、
1mm×100mm×1000mmが10本ですと、残材がほとんど残らないのです。
その分、カット回数は増えるのですが、それを差し引いてもお安くできます。


どうしても1枚もので、と仰る場合は別ですが、
つぎはぎで問題ない場合は御見積時に併記しております。


1.原反でご注文いただく
2.残材が残らないサイズ、枚数でご注文いただく
3.決まったサイズ、本数じゃないとダメ


このような順番で価格が少しずつ割高になってくるかと思います。
ぜひ、ゴムマット御見積依頼時のご参考にしてください。

Home > 2013年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。