FC2ブログ

Home > ゴムシート(ゴムマット)のうんちく

ゴムシート(ゴムマット)のうんちく Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

極厚ゴムシートのご紹介

ゴムシートにはいろいろな厚みがあります。
工務店さんなどでお使いのゴムはほとんどが10mm以下だと思います。
土木建築ですと、20mmくらいまででしょうかね。
(もちろん例外はありますけど)

で、今回ご紹介するゴムは
船舶関連のお客様にご注文いただいたゴムです。

厚さ40mmです。
PC040001.jpg

PC040002.jpg

PC040003.jpg

こんな感じです。
1000×1000サイズくらいですと、大迫力です。
大量には在庫しておりませんが、このようなサイズでもご注文承っております。

これくらいになると、
ゴムマットとかゴムシートと言う呼び方ではなくて、
ゴムの塊ですね。
スポンサーサイト

ポンチやプレスの抜き台にゴムマットがオススメ

ポンチやプレスの抜き台にはゴムマットがオススメです。
今回は活用事例ではなく、「うんちく」でのご紹介です。

以前にもご案内しましたが、
ゴムシートは巻いて保管しているため、
どうしても巻きグセがついてしまいます。

厚ければ厚いほど、そのクセは取れにくく、
完全に元に戻すことが困難です。

そのため、抜き台に使う場合にどうしても水平が取れないのです。
水平がとれないと、位置ズレはもちろんのことですが、
パワーロスが大きくて非常に疲れます。


じゃ、巻グセのないゴムマットはないのか?
ウレタンでしたら、あるのです。


▼ウレタンシート(スミマセン、納品前に撮影をさせていただきました)
写真(1)


ゴムの加工工場でも硬度85度で10mm厚のウレタンシートを抜き台に使っております。
通常の天然ゴムシートに比べて高価ですが、
作業効率などを考えた場合には絶対にオススメですね。

バッターボックス用のゴムシート(ゴムマット)

勉強不足でした。
あるのですね、バッターボックス用のゴムシート。

バッティングセンターなどで敷くためのゴムマットだそうです。
残念ながら弊社では取り扱いがありません。

バッターボックス用のゴムシートのお問い合わせをよくいただきます。
その場合はリサイクルゴムマットをオススメしてます。
ホームページには凸凹のあるタイプしか掲載してませんが、
実は凸凹のないフラットタイプもあるのです。
(土木建築では凸凹のあるタイプしか使わないので、掲載してませんでした)

▼リサイクルゴムはこれ(写真は凸凹タイプ)
itemRecycle04_20131118174631d30.jpg


▼オススメする理由
1.滑り難い・・・通常のゴムマットと違い表面がザラザラしているので、滑り難いです。
2.安価・・・通常のゴムマットよりもかなり安いです。
      天然ゴム 5mm×1000×2000 @8200
      リサイクルゴム 5mm×1000×2000 @7280


デメリットはサイズがピタリでないことですね。
バッターボックスの規格サイズは「1219×1828」ですから、
幅は少し短く、長さは少し長いのです。

このくらいは別に良い、という場合もあれば、
弊社で1000×1800にカットして納品させていただく場合もあります。
(この場合はちょっと割高になりますが)


過去、どちらのパターンも数多く納めさせていただきました。
バッターボックス用のゴムマットが必要でしたら、
お問い合わせくださいませ。

ゴムシート.com
http://www.gom-sheet.com/

ゴムマットの大きさ 原反編

ゴムマットは重いです。
持つのが大変です。

例えば、下のゴムマット。
原反(10M巻)の保管は土嚢袋に入れて、直射日光が当たらないようにしています。
厚さ3mm×1000×10M 1本でおおよそ51kgあります。
(ウチのオリジナルパッケージもぜひ見ていただきたい部分です)
PA050024.jpg

一人で持ち運ぶのは3mmが限界です。
これでも一人で持ち運ぶのは避けたいところです。
ちなみに厚さ5mmになりますと、原反85kgあり、とても一人では無理です。

丈夫な台車が1台あれば運べます。
もしくはプロパンガスを乗せるような運搬台なども使いやすいです。

ゴムシート(ゴムマット)出荷時の梱包

毎日、ゴムシート(ゴムマット)をカットして出荷しております。
ご注文をいただくお客様に大感謝です。

ゴムシートというものは10M原反では専用の袋に入れておりますが、
カット後はもちろんサイズが合わなくなりますので、
梱包をし直す必要があります。

じゃ、どんな梱包状態でゴムシートがお手元に届くのか。
はい、下記の写真の通りです。

P1120005.jpg

本数や重量に応じて異なりますが、
ほぼこのような状態(プチプチ巻)でお届けしております。

Home > ゴムシート(ゴムマット)のうんちく

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。